--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-09

再公開:タグメーカー付棋譜掲示板の改造ソース

Dimskyさんから、御回答いただきました。

  改造コードを配布されると配布後の問い合わせがきても
  対応できないので再配布を禁じてきた とのこと。
    今回のことは、そのコードに関しての質問は無理攻めさんまでと
   明記してあれば、OKな気がしますとのこと。

・・・・・という訳で、あくまでも、私的改造なんで、御本家に御迷惑がかからないように
 自己責任で御使用のほどを、 というスタイルで、再度、掲示いたします。

 safariでは、仕様でタグメーカーが動かないから FireFox使うことという注意も掲示しました。





スポンサーサイト
2009-02-08

ファイルマネージャーの編集機能

FC2WEBで、ファイルマネージャーでのファイルのアップロードは便利だが、決して編集機能は使ってはいけない どんな修正が勝手に入って、どんなトラブルを招くか判ったものではない。

障害サンプル

これだと、右フレームにどういうわけだか、十字カーソルがでてきてしまう。 この原因がわからず丸1日つぶれた。

原因は、 frameset のタグに contenteditable="true" の語句が強制的に埋め込まれて しまうこと。
 ・・・・知らないうちに 【ソース修正】で編集した内容と食い違う結果が保存されていることに
こんなんでは、怖くて使い物にならん。

2009-02-03

公開とりやめます。

前日に書いた下記の記事内容については、Dimsk's HOMEでの許諾条件に合致しておりませんでした。

  >2009-02-02 棋譜掲示板の改造方法
  >タグメーカーの仕掛けをOTD掲示板に組み込んでみました。
  >
  > これで、掲示板記事の過去投稿分から、コピーして返信の画面にてタグを抽出して、
  >他にもっていったりできます。
  > 他のところから、あるいは 他の掲示板への移動は、タグの中の
  > DataString Value="RENJkif.....”;
  >この部分だけを、コピーして、 他の掲示板欄の上欄にペーストして 
  >”DataStringからの編集ボタンを押すことで、 掲示板から、掲示板への 移動もかけられます。
  >
  >お試しあれ^^;

・・・・・・・改造は自由だが、再配布はだめ という条件ですので、【今のところは、実験的な一時試用に留めておいて下さい】という趣旨で、公開しておりましたが、 追って、掲示を取りやめます。

【改造結果のみ示しておきます: →棋譜掲示板(タグメーカー付)


 不特定多数への公開を止めて、 あくまでも、同じ改造をかけたいという方は、私宛に、直接申し込んでいただくこととします。 あくまでも、私的な改造の範疇内にして、改造コードが勝手に流布することを避けたいと思う次第です。

 使っていただいた方から好評であれば、Dimsky's HOME の方で、正式採用されて、むこうのサイトに収録されることを希望しております。 どなたか、連絡手段、御存知の方はいらっしゃらないでしょうか?むこうのサイトの掲示板やメールフォームなどに書き込んではみたのですが、まだ応答ありません。

2009-02-03

Dimskyさん試作の小型盤面

こんな小さい盤面もつくれるんだねぇ。
























2009-02-02

棋譜掲示板の改造方法

タグメーカーの仕掛けをOTD掲示板に組み込んでみました。

 これで、掲示板記事の過去投稿分から、コピーして返信の画面にてタグを抽出して、他にもっていったりできます。
 他のところから、あるいは 他の掲示板への移動は、タグの中の DataString Value="RENJkif.....”;
この部分だけを、コピーして、 他の掲示板欄の上欄にペーストして ”DataStringからの編集ボタンを押すことで、 掲示板から、掲示板への 移動もかけられます。

お試しあれ^^;

2009-02-01

タグメーカー試作第2号完成

 再編集にもかけられるようになって、レイアウトも無駄な分をとってスッキリさせて
 これで、当初の目的を達することができました。

タグメーカー試作第2号

 第1号の時と比べると、大幅にソースがすっきりしているのがわかると思います。

Copyright (C) 連珠のブログ. All rights reserved. Template by Underground
まとめ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。